出産後に消えにくい妊娠線ができる前にクリームでケアを

妊娠線はできてしまうと消すことが出来ない跡となって残ってしまいます。時とともに若干目立たない程度までは薄くなりますが、完全に消えることは難しいでしょう。そのため、できるまでのケアが肝心になります。

妊娠初期はそれほどお腹が変化することはありません。しかし、主に5か月以降は赤ちゃんの成長に伴い急にお腹が大きくなってきます。その時に肌の柔軟性がないと切れて妊娠線が出来てしまうのです。まだまだ大丈夫と思っていると急に妊娠線が出来てあわてることになります

できるだけ肌の状態を柔らかく保っておくために、クリームでケアしていくことを心がけてみましょう。急に効果が出るものではないので妊娠線が気になる前、できれば妊娠した直後から気長にケアしていくことが大切です。単にクリームを塗るというだけではなくマッサージなどをしながら塗りこんでいくとよいでしょう。

おなかの状態についても知ることが出来、妊娠線ケアもできるので一石二鳥です。実際に効果が出るかどうかは未知数ですが、気長にケアしていきましょう。

クリームは特別なものではなく日常使っているスキンケア用のものでも構いません。何を使ってよいかわからないという方は妊娠せ音対策をうたっているものを選べばよいでしょう。

始めて使う物の場合は特に注意が必要です。クリーム自体で肌にダメージがあってはいけませんから、肌に合うかどうかはきちんとパッチテストなどで確かめておくことが大切です。妊娠前は大丈夫であった化粧品でも、妊娠中は体質が変わることもあるので、以前から使っているものでも使用中に変化がないかどうかはしっかりチェックしておきましょう。

こういったことに気を遣ってケアしていくことによって、妊娠線ができることをある程度防ぐことが出来る可能性があります。これから妊娠の可能性がある方は健康な赤ちゃんを産むための生活改善に加えて是非初期からの妊娠線対策についても考えておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です